養育費はいくらもらえるの?その相場と決め方

1.養育費の決め方基本は協議で決め、ダメなら家庭裁判所へ

ご夫婦おふたりの離婚によって、養育費をどちらがどれだけ負担するかということを協議して決める必要があります。

養育費分担の支払いの取り決めについては、

1)まず、協議で定めます。

2)しかし、協議が整わない時は家庭裁判所で定めます。

そもそも養育費とは

養育費についての説明です。詳しくご存知の方は、読み飛ばしてください。

養育費とは、非監護親(子どもとはなれて暮らす親)から監護親(子どもを監督・保護する親)に対して支払われる未成熟子の養育に要する費用です。

未成熟子とは、経済的な自立をまだ期待できない状態の子のことをいいます。

ご夫婦が離婚し、他人になったとしても親の子に対する扶養義務は影響を受けず残ります。

親は未成熟子が親と同程度の生活ができるようにする費用を負担する義務があります。これを「生活保持義務」といいます。

親族間にも扶養義務がありますが、「生活扶助義務」といい、自分の生活を犠牲にしない限度で扶養義務者の最低限の生活扶助を行う義務」です。

つまり、未成熟子の扶養義務は、「生活保持義務」であり、親族間の扶養義務である「生活扶助義務」よりずっとレベルが高いものです。

離婚によって親の一方が子供を一人監護する場合に それに要する費用そのことが養育費となるわけですが、養育費をどちらがどれだけ負担するかということが問題となります。

養育費の分担支払いを直接定めた規定はありませんが離婚の際に定めるべき子の看護についての必要な事項の中に含まれるべきと解されていています

約束
多くもらうには
後からの増額は大変
不払いの合意は有効
いらない
ゼロ
やっぱりほしい
養育費の計算表
1.算定表

2.新算定表
特別費用
養育費子供の口座への振込
約束を守ってもらうには?合意できたら公正証書を作ろう
具体案がないなら話し合いができるならとりあえずたたき台を作ってもらう
合意できないとき
調停
弁護士へ
弁護士費用養育費請求権

離婚しても親の子に対する扶養義務は影響を受けません。親は子が親と同程度の生活ができるようにする費用を負担する義務があります。これを生活保持義務と言い親族間の扶養義務である生活扶助義務(すなわち自分の生活を犠牲にしない限度で扶養義務者の最低限の生活扶助を行う義務)とは区別されます。

離婚によって親の一方が子供を一人監護する場合に それに要する費用そのことが養育費となるわけですが、養育費をどちらがどれだけ負担するかということが問題となります。

養育費の分担支払いを直接定めた規定はありませんが離婚の際に定めるべき子の看護についての必要な事項の中に含まれるべきと解されていています。

その負担については

1.まず協議で定め

2.協議が整わない時は家庭裁判所で定めるものとされています

なお離婚前の別居中の子供の場合は婚姻費用の分担で処理されます。

 

未成熟子自らの権利者として父や母に対して生活保持義務としての扶養請求がでます

 

養育費は未成熟子の監護費用であり 一定の期間継続した支払い義務が予定されているからその始期及び終期を明確に記載しなければなりません。

始期は通常、合意が成立した月(あるいはその翌月)と定められるのが一般的です。

問題となるのは、終期です。

終期は20歳までが多く、18歳までというのもあります。さらに、22歳あるいは大学卒業時までとの合意がなされることもあります。

理論的には、子の監護に関する事項としての養育費の支払いは、父または母の親権が終了する時期であるこの星人に達した時までに限られるという見方もあります。

しかし、現在は大学に進学卒業することが特別でなくなったこともあり、大学卒業までの養育費の支払いが合意されることもあります。

 

大学卒業までと合意した場合は、大学浪人をした場合や大学を中途退学した場合、入学後留年した場合に備えて、養育費の支払いについて満22歳に達した月や 満22歳に達した翌年の3月など明確な終期が必要です。

 

養育費の算定

養育費の算定は生活保持義務者として適正妥当な金額を求めることであります。

従来家庭裁判所の実務で行われていた算定の基本的枠組みは、古賀支払い義務者と同居していたと仮定すればこのために費消されていたはずの生活費が いくらであるかを計算し、これを義務者・権利者の収入の割合で按分して、義務者が支払うべき多く費の額を定めるというものでした。

このような算定方法は基礎収入、特別経費の認定をはじめ、証拠によって実学を認定しなければならないことが多いなどの事情から、審理が長期化する傾向がありました。

しかし、養育費は日々の生活に必要な費用であることから寄居簡易迅速に算定され、確実に確保されることが要請されますし、当事者が自主的に取り組めることが多いので、ある程度を予測可能性のものである必要があります。

 

 

更新日:

Copyright© 養育費 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.